日本医学トレーナー協会 Trainer Journal
会員ページセミナー活動報告

9_seminar.jpg

第9回 NATAトレーナーの活動状況

9_seminar1.jpg

 2005年10月22日(土)、関西メディカルスポーツ学院大阪本校において、第9回日本医学トレーナー協会教育セミナーが開催されました。  今回は、講師に1年間アメリカでの研究生活を終えて帰国された、大阪体育大学助教授の鶴池政明先生をお迎えして、「NATAトレーナーの活動状況-エリート選手とそれを支える専門家」というタイトルでセミナーが開催されました。  アメリカ国内での選手育成システムの紹介と、そこに種々の専門家が如何に関わっているのかという話題を中心に講義をしていただきました。

●主な講義内容●
◇ 様々な分野で世界中を圧倒するような人物を常に輩出し続けるアメリカ社会の仕組みについて
◇“食”からの労働意欲を向上させようとする移民国家であるアメリカの食文化の特徴
◇超一流選手を育て上げるために作り出された環境
 ・各選手に課せられた、勝ち残っていくためのルール
 ・チームとして課せられる一流チームであり続けるためのルール
◇選手が一流であるため、競争に勝ち残るために存在する専門家の存在
 ・情報収集・戦力分析・コンディショニングなどあらゆる面でのサポート


9_seminar2.jpg

 このような確立されたシステムの中で次々と輩出されるアメリカのエリート選手。それに対して日本スポーツ界のシステムを比較し、今後どのようなシステムを築くことが必要とされるのか。
などを現在のNBAにチャレンジする田臥選手などの例を交えながら講義していただきました。


●講師紹介●
鶴池 政明 (つるいけ まさあき)
大阪体育大学 助教授
研究分野 :運動神経生理学
アスレティックトレーニング教育
学 位 :M.S. (修士)
最終学歴  :インディアナ大学大学院修士課程終了
専 攻 :運動神経生理学、運動制御、アスレティックトレーニング
備 考 :全米アスレティックトレーナーズ協会(NATA)公認
アスレティックトレーナー(ATC)
(財)日本体育協会公認アスレティックトレーナー
(JATO)理事

バックナンバー