日本医学トレーナー協会 Trainer Journal
会員ページセミナー活動報告

15_seminar.jpg

第15回 体幹バランスを整えるMAKI式自己整体法

15_seminar01.jpg

 2007年6月30日、第15回日本医学トレーナー協会教育セミナーが関西メディカルスポーツ学院大阪本校にて開催されました。
今回のテーマは「第1回MAKI式自己整体法」です。

第1回目の自己整体法セミナーでは主に歪みのメカニズムとそのリスク、身体バランスのチェック方法を学びました。
様々な動作から骨盤や背骨のズレを分析し、運動プログラムの構成につなげます。

講義の前半では、いつの間にか発生している身体の歪みについて、その原因や発生のメカニズムを学習しました。
特に今回は歪みの発生メカニズムを原理から理解するために解剖機能学からクライアントへのチェック法の実践に重点を置き、協会員の皆さんに学習していただきました。

15_seminar02.jpg

 日常生活やスポーツによる様々な動きに対して、いつの間にか発生している身体の歪み。
その歪みに対してセラピストの徒手技法によるアプローチではなく、クライアント自らが自分の身体のバランスを調整していくために必要なプログラムを提供できるように、摩季学長考案のバランスチェック法とその結果に対しての考察法、そして改善のための自己整体法を学びました。

15_seminar03.jpg

 今回のセミナーで、今まで気付かなかった自分の身体の歪みに気付くなど新たな発見もあり、第2回目の自己整体法セミナーへの意欲も強くなりました。

これまで学んできたセラピストによる徒手整体技法での 矯正ではなく、クライアント自身に実践させ矯正させていくプログラムなので、サポート(介助手)の位置など、 より的確な運動指導法が求められます。

15_seminar04.jpg

 この「自己整体法」は4回~5回のセミナーを受講していただくと、「第1期MAKI式自己整体療法士」としての認定資格が授与されますので、次回からの参加もお待ちしております。

また、今回のセミナーに参加できなかった協会員の皆さんは「第2期」のセミナーから新たに参加していただくことができます。
今回は予定の定員を早期に超えてしまい、急遽定員枠を増大し、また卒業生会員の他に賛助会員として外部の方の参加もあるなど、今後に向けて非常に活気のあふれるセミナーとなりました。

バックナンバー