日本医学トレーナー協会 Trainer Journal
会員ページセミナー活動報告


スポーツクラブでパーソナルトレーナーとして活躍

活動の場をどんどん広げて、良いトレーニング法を一人でも多くの方に広めたい。

 以前自分がスポーツをしていた経験から故障を予防するためのトレーニングやケガの後のトレーニングの重要性を感じていて、
その分野に関わるスポーツトレーナーとしての的確な知識と技術を学びたいと考え、関西メディカルスポーツ学院に入学しました。

 その後学院を卒業する際に紹介されたスポーツクラブ(オージースポーツ)の試験に合格し、クラブ内で念願のパーソナルトレーナーとしての活動を開始しました。
約1年半を経過して、ようやく安定した活動を展開できるようになってきました。

 現在私は主にダイエット目的としたトレーニングの指導やプログラムの提案、生活習慣病対策としての運動プログラムの作成、また、学院で学んだ様々なPNFトレーニングによる関節機能向上を目指したケアなどをさせていただいています。
クライアントの年齢層も二十代から七十代と幅広く、もっとも多いのが四十代の方です。
私を頼りにして下さるリピーターも増えてきて、地道な活動が身を結んでいるのだと実感しています。

最近活動の場を「コ・ス・パ塚口」から3店舗に広げたところで、また地道な活動からのスタートですが、私の指導を体験して、「気持ちがいいですね」、「凄く調子がいいです」などと声をかけていただけることが、大きなエネルギーとなっていますし、この充実感が次へつなげるパワーになっています。

バックナンバー