日本医学トレーナー協会 Trainer Journal
会員ページセミナー活動報告
16_seminar.jpg

第16回 MAKI式自己整体法 ─実技編(1)─

16_seminar01.jpg

摩季学長は前半に仙腸関節の解剖学、脊柱・骨盤の歪みと仙腸関節の相関関係を熱心に講義され、その臨床研究結果を盛り込んだ内容に全参加者が集中しました。

 平成19年12月8日(土)大阪本校にてMAKI式自己整体法実技編Ⅰが開講されました。
キーワードは“仙腸関節”。腰痛や体のバランスの崩れに大きく関わる仙腸関節のメカニズム、すべりと体幹、骨盤の歪みについて理解し、セルフ矯正術を学びました。

SLRチェックによる仙腸関節の機能レベルチェック法

一般的にこのテストでは、腰背部、下肢後面の柔軟性をチェックしますが、今回のセミナーでは仙腸関節の機能と歪み判定を学びました。

16_seminar02.jpg

 仙腸関節整体法ペルビックウォークでコアのバランスを整えます。
人間は仙腸関節が重要だとよくわかります。
毎日、歩く時間と自転車に乗る時間が多い方には、最適なエクササイズですね!

16_seminar03.jpg

仙腸関節の機能鑑別方

―3Fチェック―
  ・Fadirfチェック
  ・Fabereチェック
  ・Fadireチェック

このチェックで整体法の方向と力を考察します。
参加者からは、「さっそくゴルファーの 股関節調整法に取り入れます。」 「開脚チェック法、これ簡単でいいね!!」 と大好評でした。

バックナンバー