日本医学トレーナー協会 Trainer Journal
会員ページセミナー活動報告


野球部マネージャーから野球トレーナーに

私を輝かせてくれる トレーナーの仕事って最高です!!

 野球が大好きで高校時代には3年間野球部のマネージャーをやっていました。
選手の経験はありませんが、選手の身体のケアならできるかも知れないと思い野球トレーナーという仕事に興味を持ち始めました。

野球という専門のコースがあったことと、学長が女性であり、プロ野球選手のパーソナルトレーナーとしても現役で活躍されていることが決め手となって関西メディカルスポーツ学院に入学しました。

学院で充実した日々を送り、卒業後はトレーナー派遣会社に就職して、現在は中学や高校の野球部やクラブチームを担当しています。

 特に中学生は成長が速くて、次はどんなトレーニングをやってみようかと、指導現場ではいつも発見することが多いです。
在学中に何気なくやっていたことの大切さや、何故それが必要なのかということが今になって理解できるようになりました。
まだまだ発見や挑戦の毎日ですが、監督さんから「選手の柔軟性がすごくアップした」とか、「ケガが少なくなった」といってもらえたことがすごく嬉しかったです。
今後はもっと経験を積んで、摩季学長のように一人でも多くの選手の力になりたいと思います。

バックナンバー