日本医学トレーナー協会 Trainer Journal
会員ページセミナー活動報告


接骨院に勤務しながら少年野球チームも指導中

学院での経験がなければ今の立場は無かったと思います。

 サラリーマンから野球トレーナーに転向し、現在整骨院でリハビリトレーナーとして勤務しながら、オフには野球トレーナーとして子供たちを指導している。

 関メディの授業で素晴らしい技術と考察力を修得しました。働きながら学んだ努力が実を結び、今の自分があると思います。 学長の考案された野球キネティックトレーニング法をはじめ、リラクゼーションアプローチ法、PNF整体法などの多くの技術が今の僕を支えています。

 自分の今後の目標は、様々なクライアントのニーズに応えられ信頼されるトレーナーになることです。まだまだこれからです。必ずやり遂げるために目標に向かって進んでいきます。

バックナンバー