日本医学トレーナー協会 Trainer Journal
会員ページセミナー活動報告


クラブチームのチームトレーナーとして活躍

野球のパフォーマンス向上 ケガの予防に努めています

 高校時代に投手をしていたましたが、肘の故障で野球を断念せざるを得なくなりました。
自分と同じ境遇になる人を減らしたいという思いで、野球トレーナーを志し、関西メディカルスポーツ学院の野球トレーナー科に入学しました。

現在は整形外科に勤務しながら、硬式野球のクラブチームに選手兼トレーナーとして籍をおいています。

 練習頻度は少ないのですが、チームトレーナーとしては選手のケアや救急対応、そして試合や練習でのウォーミングアップやクールダウンなど様々な役割が求められています。

また、技術の上ではバッティング、ピッチング法の指導などや、故障を防ぎ、パフォーマンスアップに繋がるトレーニングを提案し、実践していくのが私の役割です。
これからも野球というスポーツの特性を考えて、野球のパフォーマンス向上、ケガの予防に努めていきます。

バックナンバー