日本医学トレーナー協会 Trainer Journal
会員ページセミナー活動報告


医療機関・整骨院での勤務経験を活かしてデイサービス施設で活躍

介護予防運動の指導をはじめ、地域支援事業にも関わり、やりがいを感じています。

 以前、高校時代に野球をしていましたが、腰痛を発症し途中で断念しました。
どうすれば故障後の復活を果せるのかという疑問があり、自分のことも含めて色々と勉強したいと思い、トレーナーを志しました。

学院を卒業した後、整骨院・医療機関などでの勤務を経て、現在勤務する会社に就職しました。

 現在は主にデイサービス施設で勤務し、そこで高齢者の方々への介護予防運動の指導にあたっています。
また、週に1回、勤務先の企業が受注している地域支援事業で、出張して運動指導にもあたっています。

私が勤務するデイサービスでは、介護保険サービスを提供していますが、運動中心で、介護的な仕事はあまり行っていません。
それでも、職務経験で、介護の仕事の経験があったことが、非常に役立っており、今の仕事に活かせていると感じています。

バックナンバー