日本医学トレーナー協会 Trainer Journal
会員ページセミナー活動報告


フィットネススタジオで運動指導。将来は自分の教室をつくりたい。

基礎知識があることでお客さんへの的確で幅広い指導が出来るようになりました。

現在はフィットネススタジオのインストラクターとして、有酸素運動の指導(簡単なエアロ)・マシン指導・ストレッチ指導・トレーニング指導や個別のお客さんに応じて、手技を使っての肩などのコンディショニングをしています。

トレーナーを目指したきっかけは、高校のラグビー部のマネージャーをしていた時に、チームトレーナーの方を見て、こんな仕事をしたいなと思っていたことと、昔からスポーツが好きで身近に関わりたいと思っていたからです。

関メディに入学を決めた理由は、スポーツジムで働いていた時に基礎知識が欲しいと思い、短期間で必要な知識を習得できる学校をネットで探していたところ、関メディの学習内容を見てここだと思ったのと、学校説明会を受けた印象が良かったからです。

関メディで学んで一番役にたっていることは、基礎知識があることでお客さんへの的確で幅広い指導が出来るようになりました。
又、手技やPNFはよく使うので、とてもお客さんに喜ばれています。

学校で学んだことに無駄な事は1つもない。

在学中の一番印象的な事は、実技で教わったことを活かし、足首や肩の調整を自分の手でできたことです。

これからも色々な現場に行ってたくさんの人と出会い、様々なことにチャレンジしながらもっと知識を高めていきたいです。
そして自分で教室をつくり、若い方から高齢者の方まで幅広く指導が出来たらと思います。

この学校で学んだことに無駄な事は1つもないです。
問題はその知識をどう自分のものにし、活用していくかだと思います。
関メディで出会った仲間を大切にし、悔いの残らないようがんばってください。

バックナンバー