日本医学トレーナー協会 Trainer Journal
会員ページセミナー活動報告


整骨院と併設のスポーツジムで運動指導。

トレーナーとしてやっていく上でベースになるものだと確信しています。

整骨院と整骨院に併設されたスポーツジムでスポーツトレーナーとして勤務しています。
整骨院では主にリラクゼーションアプローチ・ストレッチ・運動訓練を行い、患者さんの体の調整を行っています。スポーツジムでは利用者さんの運動プログラムの作成、運動指導を行っています。

大学の野球部時代に肩を故障してリハビリをしていたのですが、その時に診て頂いたトレーナーの方に影響を受けたのがトレーナーを目指したきっかけです。
自分にあったリハビリメニューを組んでくれて、投げられるようになった時には本当に嬉しかったですし、自分も選手の力になれるトレーナーになりたいと強く思いました。

関メディで学んで一番役にたっていることは、整体療法士科で学んだ技術や知識、あとベストアップでの実習で学んだことです。
今の仕事のほとんどがこれがなければやれませんし、これからトレーナーとしてやっていく上でベースになるものだと確信しています。

さらにレベルアップして、求められるトレーナーになりたい

関メディに入学をきめたのは野球トレーナー科があることが1番の理由です。
実際にプロ野球選手のパーソナルトレーナーをされている摩季学長の理論や技術を学べることも理由の1つです。

在学中の一番印象的だった事は、プロ選手のコンディショニングを見ることができたことです。またベストアップでの実習も自分にとってはとても貴重な体験で、今でも実習で学んだことがとても役に立っています。

将来の夢は、色々な分野の数多くのクライアントのニーズに応えられるトレーナーになることです。
関メディで身につけた知識や技術を基に、さらにレベルアップして、求められるトレーナーになりたいと思っています。

関メディで学ぶ知識や技術は現場で活かせるものがたくさんあります。 学院に在学中にしっかりと身に着けておけば、現場に出た時に必ず役立ちます。がんばって下さい。

バックナンバー