日本医学トレーナー協会 Trainer Journal
会員ページセミナー活動報告


スポーツクラブインストラクターからスポーツトレーナーとして独立を目指す

学長をはじめ講師の方々から多くの影響を受けました

きっかけは、前職でスポーツクラブでのインストラクターをしていて、トレーニングだけでなく、ケアや機能チェックなど、総合的に指導やアドバイスができるようになりたかったからです 。
摩季学長の考えておられる理論と自分の理想が一致したことが入学の決め手でした。入学にあたって、不安はまったくなかったです。

関メディでは、技術的なことは勿論、トレーナーとしての心構えなど、学長をはじめ講師の方々から影響を受けました。
在学中の一番印象的な出来事は、谷プロのコンディショニングを拝見させて頂いた事と、生徒の身体を数分で改善させた技術を実際に拝見した事です。

現在の自分の環境を見ても、本業以外に子供のソフトボールの指導、ママさんバレーボールの指導、プロスポーツチームへのトレーナーのお手伝いをするなど、できる範囲ではありますが、確実に関メディでの考えが伝えられる道はできています。
これからも壁はあっても、乗り越えられるよう努力し、また学長や講師の方々から学びたいと思います。

学院の理論や技術を提供するジムを作りたい!

現在は、整骨院で患者様のトレーニングをさせていただいていますが、全て自分の考えでトレーニングにあたらせていただいているので、やりがいがあります。
将来、学院の理論や技術を提供するジムを作りたいです。 特に子供のうちからしっかりと正しい身体の使い方ができるよう育成したいです。

引き出しを多く持って下さい。知識も技術も人との接し方もこれからは現場に出ると臨機応変さが求められます。卒業がゴールではなく、そこからがスタートですから。

バックナンバー