日本医学トレーナー協会 Trainer Journal
会員ページセミナー活動報告


整形外科勤務。大会の医務スタッフとしても活躍。

どんな競技でも柔軟に対応できる広い視野を持ったトレーナーになりたい

私自身バドミントンをしていて国体にも出場しましたが、トレーナーと関わったことがなく、身体のケアやコンディショニング等に関して理論的なことは全く知りませんでしたが、
トレーナーを知り、選手としてもっと早く知識を得られていればとの思いから、選手をサポートしたいと考え、トレーナーを目指しました。
関メディに入学を決めた理由は、短期間で集中して勉強が出来ると思ったことと、学院の付属施設で選手への対応の現場を見学・実習できると思ったからです。

関メディに入るにあたって、地元の三重での就職を考えていたので、学校と離れた地域に求人があるのか就職できるのか不安でした。
しかし説明会に参加し、必死に勉強し、実力をつけることで不安は解消されると感じ、入学を決めました。

在学中で一番印象的に残っているのは、現場実習で初めて選手と話をし、施術をしたことです。
ものすごく緊張しましたが、改めてしっかり勉強しないと選手に対して、失礼になると感じました。

関メディでは実技はもちろん、理論も身体をしっかり使って授業をして頂いたことで、様々な動作を頭の中でイメージすることができるようになり、役立っています。

現在は、整形外科のリハビリテーション科でメディカルトレーナーとして働いており、ストレッチ、テーピング、筋力測定、トレーニング指導、物理療法のサポート等を行っています。
現場では大会の医務スタッフとしてラグビー、バスケットボールにも関わっています。
今後は競技・種目にこだわらずにどんな競技でも柔軟に対応できる広い視野を持ったトレーナーになりたいと思っています。

日本でのトレーナーの認知度はまだまだ低いと思われます。スポーツの現場でのトレーナーの必要性を理解してもらう為、そして自身の能力の向上の為に一生懸命頑張って下さい。

バックナンバー