日本医学トレーナー協会 Trainer Journal
会員ページセミナー活動報告

28-main.jpg

第31回 関節を安定させる MAKI式STテーピング法

平成22年11月20日(土)、関西メディカルスポーツ学院甲子園校 において第31回教育セミナーが開催され、摩季れい子学長が開発した 「関節を安定させるMAKI式STテーピング法」が紹介されました。

これまで、MAKI式ファンクショナルテーピング法のセミナーは行ってきましたが、 ST(スタビリティ)テーピング法のセミナーは今回が初めてです。 摩季学長が開発した肩関節・肘関節・膝関節・足関節・骨盤股関節一体型の STテーピング法が紹介されました




31-01.jpg spacer.gif 31-07.jpg spacer.gif 31-07.jpg
STテープを巻くことで、筋肉トレーニングが実践しやすく、機能アップをすすめやすく なります。常にスポーツ選手やクライアントの機能向上に関わっているトレーナーや整体師、 あるいは柔道整復師にとって、早期に取り入れていきたい対応策であることを認識してもらえたようです。
spacer.gif
31-07.jpg 31-07.jpg 31-07.jpg

「参加者Iさんからの手紙」

先日は有意義なセミナーを開催していただきありがとうございました。
摩季学長のシンプルだけれども、そのシンプルさの奥には深さやこだわりがあり
その上、形にとらわれず、柔軟性のある考え方にいつも感銘を受けます。
子育てしながら自分が水泳のコーチを16年やってきて、
今度は、ベビースイミングに通いながら受ける側として実体験しています。
新しい発見などもあり、母として指導者として成長できる日々を送っています。

先日、お話していた水泳選手にテーピングをしました。
猫背ぎみで片方の肩が下がる姿勢が良くなり
泳ぎも変化しました。
歩行時に親指に体重がのっていないので
膝のテーピングも行い親指に力が入るようになり、
平泳ぎのキックが水をキャッチできるようになりました。
足が疲れるといっていましたが水をとらえている良い傾向だと思います。
地肌に直接はりましたが、水中でも取れませんでした。
かぶれなければしばらく貼っておいて様子を見るということにしましたが、
4日間はがれていません。
トレーニング時のみの方が良いでしょうか?
普段もすぐに肩がこるようなのでテーピングをさせています。

尊敬する学長のお考えや技術を学べる貴重な機会を作っていただきありがとうございました。
今後も、セミナーに参加させていただきますので宜しくお願い致します




28-07.jpg 28-07.jpg


バックナンバー