日本医学トレーナー協会 Trainer Journal
会員ページセミナー活動報告

第48回日本医学トレーナー協会 教育セミナー報告

トランスフォーメーションテクニック №2骨盤・胸郭矯正術
2015年7月25日(土)大阪梅田の会場で第48回日本医学トレーナー協会セミナーが開催されました。
今回の内容は、前回から始まった「トランスフォーメーションテクニック」の第2弾!!
腰痛緩和効果の高い「 骨盤・胸郭矯正術」。前回の骨盤矯正テクニックと同様に、摩季先生の数多くの実践経験を踏まえた理論と考察力で、的確な手技を用いるための熱いセミナーになりました!
当たり前に出来るはずのことができない。 出来ないことが当たり前になってしまっている。 そんな多くのクライアントに当たり前の動作が出来ることの幸せをプレゼンできる喜び!! トレーナーとして最高の幸せですね!
骨盤や胸郭の歪みはそこに関わる筋肉のバランスを崩すだけではありません。 下肢や肩関節、頸椎などにも影響を与え、また消化器系など内臓諸機能の機能低下を引き起こす可能性があります。


何事も実践の前には、入念なチェックが必要です。最高のテクニックで最高の効果を与えるためにも、状態の把握、機能解剖の理解は正確に慎重に行いましょう!!  
筋力の低下が原因ではなく、骨格の歪みから筋肉が使いにくくなり腹筋が出来ない。
そんな受講生が、瞬時に腹筋ができるようになる。 驚きと歓声に会場が
腹筋トレーニングにトライしても実践できずに悩んでいるクライアントにとっては、希望の光ですね!!
今回のセミナーも多くの協会員の皆さんの参加により、活気あるセミナーとなり、あっという間の受講時間でした。次回の医学協会セミナーでも、皆さんのトレーナー活動にお役に立てる内容を提供致します! 今回参加されたみなさんはもちろん、今回参加できなかった協会員の皆さんの参加もお待ちしております。
バックナンバー