日本医学トレーナー協会 Trainer Journal
会員ページセミナー活動報告


有料老人ホームでライフサポートマネージャーとして活躍。

企画・立案していく上で、自分の強みになる

福祉専門学校時代に卒業研究の題材として、介護保険制度について取り上げ、「介護予防」について調べようと思ったのが最初のきっかけです。
その後、高齢者施設に就職し介護業務に従事する中で、レクリエーションの時間に体操を行なう機会がありましたが、目的や効果を理解していない状況で行っており、果たして機能維持に役立っているのか疑問に感じながら実践していたように思います。
お客様の機能低下を感じざるをえなかったので、改めて勉強してみようと考えました。今後高齢者施設で働く上で、アクティビティの一環として介護予防に因んだ体操等を企画・立案していく上で、その知識を学んでおけば自分の強みになると考えたからです。

介護予防に興味があり、関メディのホームページを偶然見つけ、面白そうだなと以前から関心を抱いていました。その時は就職していましたし、地元が埼玉県と言うこともあり、入学するなんて考えも付きませんでしたが、その後、自己都合のため退職し、勉強する良い機会だと考え、思い切って入学を決意しました。
知り合いがいない街で、初めての一人暮らしでしたので、生活面での不安はありましたが、他の面ではありませんでした。

在学中の一番印象的な出来事は、関メディの卒業生が働いているデイサービスに実習に行けた事です。実際に学校で学んだ知識・技術を現場でどう活かしているかを生で見る事が出来たのは貴重でした。しかも、介護予防を主とした施設で、パワリハも取り入れており、そういった施設を見るのは初めてであったのでとても勉強になりました。

関メディで教わった知識を活かし、運動のプログラムを立案

現在は4月からライフサポートマネージャー(生活相談員)という職種に就かせてもらっています。主に相談援助業務やクラブ・イベントのリーダー・運営、書類作成・事務処理、新人教育係といった業務を行なっており、今後は契約や施設長の業務を教わる予定となっております。そういった訳で、トレーナー的業務はなかなか行なえない立場になってしまいましたが、現在でも時間がある時は現場に入っています。

私の働く施設ではアクティビティ活動を活発に行っており、その中で「朝の健康体操」「転倒予防体操」「ダンベル体操」といった介護予防も行っております。実際に介護業務を行っていた時は、関メディで教わった知識を活かし、運動のプログラムを立案して行いました。その際、こう体を動かせばどこの機能が向上し、どういった効果があらわれるかを説明しながら行えている事です。お客様の運動系クラブへの参加率は非常に高く、好評ですので、今度はライフサポートマネージャーとして企画・立案に知識を役立てたいと考えています。

自分で施設を立ち上げる事が将来の夢です。
その施設の理念として、お客様に毎日のんびり、そして楽しく生活して頂けるような体制をつくり、その中で押し付けにならない程度にアクティビティ活動と介護予防を行なって行けたらと考えています。

関メディで学んだ事は決して無駄にはならないと思います。
トレーナーという業務以外でも私のように、違った形で学んだ知識・技術を活かせますので、自分には向いていないと思う方がもしいたとしても、決して諦めず頑張ってみてください。

バックナンバー